虫歯で神経を抜いて仮に詰めている状態で、歯医者が嫌いな私は痛くなくなったからと放置していました。
ある程度の時間が経つと詰めているものも徐々に無くなりはじめ、最後は穴のあいた状態で何年か痛くないのでそのままにしておいたのです。

 

ある日、食事をしていると歯が2つに折れて半分から下が歯茎に残っている状態になりました。
歯周病が専門という歯医者の先生が言うにはこの歯はもう抜いてしまわないといけないという事で、ある程度の痛みの覚悟はしました。
しばらく放置をしていたせいか、中が化膿して治療が痛いし普段よくアルコールを接種する為、麻酔も効きにくいらしく激痛が走りました。

 

しかも歯茎から出ている歯の部分が少ないらしく、うまくつかめないという事で歯茎を切らないといけないとまで言われ、痛みが大嫌いな私は生きた心地がしませんでした。

 

結局、麻酔も効きづらいまま治療をして気を失うくらい痛かった記憶があります。神経を抜いた際だけではなく、痛くなる前に虫歯等は治療した方がいいです。
完全に完治するまで面倒でも通院した方がいいと思います。