PR|豊中で審美歯科を探すなら

健康で健やかな、歯や歯並び、口内環境を保つためにしていることはありますか?

こまめに歯を磨いたり、歯医者さんで見てもらったりなどがあると思います。でも、そう言うのってお金がかかるイメージがありますよね。この記事では、お金をかけずできる、整った口内環境や歯にいいことについて書いていこうと思います。

●歯並びに重要なのは鼻呼吸と舌の筋肉

皆さんは歯並びの綺麗さに何が関わっていると思いますか?生えてくる永久歯の角度や下顎のサイズなど関わるというのが一般的にあるイメージだと思います。実は、呼吸の仕方が重要なんです。正確に言うと、まだ完全に歯が生え変わっていない子供の時期に呼吸の仕方によって歯並びが変わると言うことです。(大人になってから意識しても歯並び自体に効果はない…)

●呼吸が歯並びに影響するメカニズム

なぜ、呼吸が歯並びに影響するかと言うと、鼻呼吸と口呼吸とでは、舌の定位置が変わるからです。鼻呼吸は口の天井に舌がくっついていて、口呼吸は下の歯の前歯の裏につくようになっています。下は本来、口の天井側についているのが理想の形なのですが、何らかの理由で舌自体の筋力が弱っていると下がっていきます。舌が下がったことで、下の歯の前歯の裏につく状態は、舌で歯を無意識に押してしまっている状態になってしまいます。押された歯は、前に倒れるので歯並びが悪くなります。これが歯並びが悪くなる原因につながるのです。また、舌が下がることで喉の付け根の形状が鼻呼吸の時とは変わります。気道が潰れて呼吸がしにくくなるので、前のめりになります。そして猫背につながります。口呼吸は常に口を開けた状態で行われるので、口内が乾燥します。乾燥すると雑菌が繁殖しやすい状態になります。口呼吸は何もかも悪いことしかないのです。舌の筋力が原因で、口呼吸になり、歯並びが悪くなり、猫背につながり、口が乾燥するのです。

以上のことにより、口呼吸から鼻呼吸に変えるのが歯並びや健康のために大切であることがわかります。

●舌の筋力をつけるトレーニング

舌の筋力をつけるのはとても簡単で、「ベー」とベロを出したり引っ込めたりする動きを繰り返し行うだけです。それを左右上下で行います。

●舌を動かすと唾液が出て口内環境にいい影響が

舌を動かすことによって、唾液がたくさん出てきます。唾液が出ることによって、口内の雑菌の繁殖を抑え流ことができます。舌のトレーニングで、定位置が正されるので鼻呼吸にもつながります。

舌のトレーニングは、口内環境を整えるためにとても重要で、歯並びに影響しない口呼吸を防ぐ予防にもなります。お金もかからないので、気がついた時にすることが、口と歯の健康を守るのにつながります。

PR|生命保険の選び方|SEOアクセスアップ相互リンク集|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|初値予想|工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|お家の見直ししま専科|お小遣いNET|サプリメント|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|心の童話|JALカード|クレジットカードの即日発行じゃけん|