最近上の前歯の裏側に、一部欠けた様に穴が開く虫歯が出来てしまいました。大きさ的には「米粒」くらい。痛みは殆どありませんでしたが、舌で触っても完全に穴を感じるもので、「このまま放置は不味いだろう…」と思い、歯科で治療してもらうことに決めたのです。

歯科で歯を治療することなど、実に中学生以来のことで、30年振り。あの頃に感じていた「歯科怖い」というイメージだけが残っていました。この間、多少の虫歯があることは自覚しているにも関わらず、歯科に掛かることを避けてきていたのです。

麻酔の針の痛さ・歯を削る時の音・麻酔してるのにつんざく痛みなどなど。想像するだけで、身がゾッとしていました。
しかし、もういい大人(オジサン)なのですからと、今回ばかりは覚悟して治療に向かったのです。

実際に30年振りに受けた歯科の治療は、以前のイメージを全て払拭してくれるものでした。痛くない治療を心掛けてくれている印象です。痛みに弱いことを告げると、迷うことなく麻酔を使うことを選択してもらえ、驚いたのがその麻酔の針の細さや、刺した際に殆ど痛みを感じないこと。その上麻酔の効果も確りとしていて、虫歯を削っている最中も強い痛みを感じることはありませんでした。

恥ずかしながら30年振りに歯科で治療を受けてみて、歯科の技術もかなり進歩していることを実感した次第です。

PR|吹田で歯科矯正が評判の歯周病審美歯科は