我が家は3人兄弟なのですが、一番上の姉以外の兄と私は噛み合わせがあまり良くありません。兄は少し受け口の噛み合わせで、私は若干左に顎がズレています。
そこで兄は小学校高学年の頃から中学3年生ぐらいまで、矯正するための歯型をハメていました。その歯型は上顎にカパッと入れ歯のようにハメる形になっており、夜間寝ている間だけ使用します。日中は外しています。これを数年間毎日続けていた結果、受け口の噛み合わせを治すことができました。

 

片や私はといえば、子供の頃どうしても矯正器を付けるのが嫌だと言い張り、矯正せずに過ごしてきました。そのため、大人になった今でも顎が左寄りにズレています。今思えば、矯正しておけばよかったと後悔しています。起きている時はなるべく顎が左寄りにならないように気を付けているのですが、寝ている時はどうしても顎がかなり寄ってしまっているようです。

 

起きた時にその状態なことが多いからです。その影響で、左の顎の付け根に負担がかかり、耳まで痛みを感じることもあります。
最近では大人でも矯正できる可能性もあるようなので、一度、評判の審美歯科で相談してみようかと思っています。